エレガンテFC 日記

エレガンテフットボールクラブ

This is Football

ご無沙汰しております。山本でございます。

実は‭10/31〜11/8‬までイングランドを旅していました!

突然ですが、フットボール(Football)とサッカー(Soccer)の違いを知っていますか?

同じスポーツのことを指していますが、国によって呼び方が違います。母国イングランドを始め、ほとんどの国では「フットボール」と呼ばれ、日本やアメリカ、オートラリアなど一部の国では「サッカー」と呼ばれています。

日本でも〇〇FC(フットボールクラブ)や●●SC(サッカークラブ)というように、フットボールとサッカーは混在していますね。ただ日本ではサッカーと呼ぶのが一般的です。

では、そもそも日本でサッカーと呼ばれるのが一般的になった理由はというと、1876年に英国海軍が伝えた際に「Asocciation Football」として伝わり、その中のsoccにerをつけて、「サッカー」として広まったからだと言われています。

この写真を見てください。

f:id:elegante-fc:20181113195438j:image
これが現在のサッカーの起源、Footballです。
当時は手を使っても良いし、足を使っても良いし、殴る蹴るもあったとか…

ルールは一つだけでした。
二つのゴールがあり、そこにボールを運んだら勝ち。

とにかくその一つだけがルールで、その為にどんな方法を使っても良かったんです。

その後、手を使う派(ラグビー)と使わない派(サッカー)に分かれて、ルールが整理されていきましたが、その頃から変わらないのはボールをいかにゴールに運ぶかを競うスポーツだったという事です。

そんなFootballの国を旅して、多くの試合を見る中で、衝撃を受けました。
f:id:elegante-fc:20181113195431j:image

・・・あぁ今まで自分が見てきたのはSoccerだったのか…。ここではFootballが行われている…!

相手から奪ったボールを安易に後ろに下げたら大ブーイング。「前が空いてるだろ!」

FWが相手の背後に走り込んでいるのにボールを入れなければ大ブーイング。「チャンスだろ!」

相手ゴールが近づくとあちらこちらから「シュート!!!!」という叫び声が聞こえてきます。

そんな中でプレーする選手たちは当然の事ながら、常に「ゴール」を意識してプレーしています。

パスかドリブルかを判断するのではなく、ゴールを目指してプレーする中で自然に、その為に一番良い選択がされていく感覚。

身体が勝手にゴールに繋がるプレーをする為に動いているといってもいいかもしれません。

ゴールを目指す中で、その為に必要なパスやドリブルという手段がある。

ピッチの中にはゴールを奪いにいく選手と、ゴールを守る選手のみが存在します。

ボールを動かす時間、何も起こらない時間は存在しません。

その為に、観客も息つく間もなく、前のめりでFootballを観ています。

これはチャンピオンズリーグプレミアリーグ、2部リーグ全ての試合でそうでした。日本でSoccerを見ていると、退屈な時間がありますが、Footballにはありませんでした。

f:id:elegante-fc:20181113195421j:image
話は戻りますが、Footballの大前提は二つのゴールがあり、そこにボールを運んだら勝ち。とてもシンプルなものです。

得てして、ポジョニングやコントロール、パス、ドリブルといったものに目が行きがちですが、それらは全てゴールと繋がってこそ、価値があります。

そんな当たり前の事に改めて気付かされる良い旅でした。

我々が目指すのはFootball。

どんなにコーチが細かな事を偉そうに指導しても、本質は変わりません。大切な事はいつも一つ。

選手達にもぜひ、良い「フットボーラー」になってもらいたいと思います。
f:id:elegante-fc:20181113195415j:image


山本

サッカーボール

10月27日、NPO法人さいたまユースサポートネット様と共に新たな活動をスタートし、さいたま市のある区の小学校にて、第1回目のさいたまユースのサッカー教室を迎えることができました。

30人以上の子どもたちが参加してくださり、笑顔の尽きない素敵な時間を過ごすことができましたし、たくさんの元気を子どもたちから頂きました。

f:id:elegante-fc:20181105002925j:image

サッカーに携わる人間としての存在意義や価値の在り方は、プロサッカー選手を輩出したり、クラブを大きくしたり、クラブユースや選手権で優勝することだったりと様々ありますが、さいたまユースのサッカー教室を通じて私たちにできることは、サッカーをきっかけに笑顔の数を増やしていくこと。

サッカーがうまいとかうまくないとか、サッカーを知ってるとか知ってないとか、クラブチームに入ってるとか入ってないとか、お金があるとかないとか、サッカーボールにとってはどうでもいいのだ。サッカーボールが大切にしていることは、どんな時でも1人じゃないんだよということじゃないかなと思ってます。

そしてこの活動も、さいたまユースサポートネットの皆さん、学校の校長先生、地域の自治会長さん、スクールソーシャルワーカーさんのご理解やご協力なしにスタートすることはできませんでした。

毎月1回ではありますが、継続と積み重ねが大切です。

サッカーボールが子どもたちのこれからに希望を照らしてくれると信じ、サッカーボールで子どもたちとたくさん遊んでいけたらと思います。

桑田

 

イニエスタはご近所さん

こんにちは。
残暑お見舞い申し上げます。

月曜日をスタートして、もうすぐ1年になります。
おかげさまで、エレガンテサッカースクールでは、人と人の繋がりをサッカーボールが築いてくれました。
サッカーボールには頭が上がりません。

f:id:elegante-fc:20180814170957j:image

エレガンテサッカースクールでは、試合で輝く為、力を発揮する為、ボールを持つことをフィロソフィーとし、個を磨いております。

トレーニングの内容としては

・身体の動かし方、力の使い方
・ボールと身体とスピードの操り方
・相手の捉え方、ボールの捉え方

など、言葉にすると気難しいですが、サッカー選手として必要不可欠な技術の積み重ねをしております。

f:id:elegante-fc:20180814171136j:image

エレガンテサッカースクールでの技術とは、シザースマルセイユルーレットなどのすぐに獲得できる技術ではありません。

すぐに獲得できる技術ではないからこそ、小さい頃からの積み重ねが大切であり、やがて習慣化され、無意識になり、歳を重ねるにつれて、ゲームの中でボールを持つことの成果や実感を得ることができます。

f:id:elegante-fc:20180814171705p:imagef:id:elegante-fc:20180814171720p:imagef:id:elegante-fc:20180814171729p:imagef:id:elegante-fc:20180814171729p:imagef:id:elegante-fc:20180814171753p:image

f:id:elegante-fc:20180814170752p:imagef:id:elegante-fc:20180814170801p:imagef:id:elegante-fc:20180814170810p:imagef:id:elegante-fc:20180814171859p:image

f:id:elegante-fc:20180814170819p:image

メッシはちょっと遠いけど、イニエスタには近づける。

個を磨くことに終わりなし、うまくなることに終わりなし。

もっともっとうまくなろう!

桑田

5/27 クリニック報告

5/27日(日) 、「守備の個人戦術クリニック」を開催し、多くの選手達に参加して頂きました。

f:id:elegante-fc:20180530143924j:image

今回のテーマは守備の個人戦術の中の「突破に対する守備」、「前進に対する守備」の2つを行いました。

「突破に対する守備」では、①一対一の対人スキルの獲得②数的不利の際にどう守るか③数的同数(2対2)の時の2人の守備者のタスクの3つを扱いました。

「前進に対する守備」では、相手のボールを自分達の守るゴールに近づかせない(前進の阻止)為のプレーの獲得を目指し、①スタートポジション②ボールから遠い選手の役割②「いつ」奪いに行くのかの共有の3つを扱いました。

2つの大テーマはボリュームがあるので本来なら1日で完結するものではありませんが、まずはその概観を理解してもらいたいとの考えで、あえて2つの大テーマを盛り込みました。

練習後の選手とコーチのディスカッションタイムでは、選手から今日の練習で得たポイントのリアクションがしっかりと返ってきたので、「頭の適応」は出来たと思います。

しかし、当然ながら頭では理解していても、実際の「プレーの実行」の段階ではまだまだたくさんのミスが起きていたので、今後選手達がクリニックで行った頭の中の整理をもとにして、自分のプレーの実行レベルをそこに近づけていって欲しいと思っています。

次回は6月30日(土)に開催します。
『攻撃の個人戦術「3種類のサポート」〜ゴールからの逆算〜』
いよいよ次回は攻撃のテーマを扱います。
普段何気なく使っている言葉、「サポート」。
その本当の意味を理解しているのか、サポートは周りの状況によって変化していくことを知っているのか。残念ながらそういった選手はあまり多くはないと思うので、この機会に一緒に成長して貰えればと思います。

ぜひ、イベントページよりお申込み下さい!

 

山本

トータルフットボール

サッカーゲームには、身体の骨格も違えば、足が速かったり遅かったり、左利きや右利き、必ず個性を持った選手がピッチに立っている。

サッカーゲームのルールは世界中共通であり、11vs11のプレーヤー、レフリーがいること、ゴールの位置や数、ピッチの広さや作り、ボールの数や大きさ、よっぽどの事がない限り変わる事はない。

サッカー選手である以上、サッカーはゲームであるから、必ず『勝利』を掴み取る為にプレーしている。

『勝利』の為にサッカーをしていないなんて思考は理解し難い。

『勝利』を掴む為には、点を取れるならいくらでも点は取っていいし、同時に点は1点でも2点でも3点でも取られてはならない。

けれど、サッカーのゲームは人間がプレーしているので、パーフェクトなゲームになることは奇跡に近い、むしろ未だにないのではないか。

f:id:elegante-fc:20180502222406j:image

急に変わることがないサッカーのルールに対して、今すぐにでも変えることができるのは、自分と味方とどうやってチャンスを作くってゴールを決めるのか、自分と味方とどうやってチャンスを作らせないでゴールを守るのか。自分と味方とどうやってボールを奪うか。自分と味方とボールをどうやって進めていくか。

その為にも、小さい頃から必要なのは、自分がどのような個性を持っていて、味方がどのような個性を持っているかを知ること。また、相手にどのような個性を持った選手がいるのかを知ることも同様に。

サッカーゲームは人間がプレーする以上、常に味方や相手に対しての観察力や推理力がなければ、ゲームは成り立たないとも感じる。

まずは、己を知り、味方を知り、敵を知る。

すぐに『型』を求め『型』に甘えていかぬように。

型を理解した上で、全員で攻めて、全員で守るではなく…

人を理解した上で、全員で攻めて、全員で守る。

型よりも人を理解することが、サッカー選手、サッカーチームのスタートじゃないかなって思ってます。

人を理解できたら、それが勝手に型になっていく。

 

桑田

 

 

クリニック告知

エレガンテFCは5/27(日)に12〜15歳を対象にクリニックを開催します!

是非ご参加の検討をよろしくお願いします!

f:id:elegante-fc:20180424223702j:image

詳細は以下になります。
--------------------------------------------

「15歳までに習得必須の『守備の個人戦術』クリニック」

サッカーは105×68mのピッチの中で、22名の選手が行う、とても知的で複雑な集団スポーツです。

「個の力」という言葉がありますが、サッカーにおいて、独立した「個人」は存在しません。常に他の選手(味方、相手)との相互作用の中で生きる「個人」なのです。つまり、11人の中の1人として必要なプレーが決まる。

今回はサッカーの複雑な集団戦術を構成する上で必須となる「個人戦術」を学ぶトレーニングをします。

なぜ集団戦術の前に個人戦術なの?
という疑問に対しては、こんな例えが浮かびます。「かけ算」を学ぶ前に学校では「足し算」を学びますよね?
【2×4】の答えは、【2+2+2+2】の考え方から導きます。

かけ算=集団戦術、足し算=個人戦術なのです。複雑な事象を理解するには、シンプルなものから理解していく必要があります。

「コーチに言われていることの意味がわからない」
「チームではリフティングとドリブルの練習しかしない」
「攻撃は得意だけど、守備はよくわからない」

そんな選手たちへ。「守備」は「考え方」を学ぶだけで劇的に進化します。「なぜ」そうするのか、「こうなったらこうする」というロジックを学ぶことで、サッカー選手としての幅が広がり、サッカーの見方が変わり、その面白さに魅了されるでしょう。

まずはグランドにきて、頭と心と体に最大限の刺激を入れよう。

■担当コーチ
山本兼史
経歴:国学院久我山高校〜明治大学
指導歴:GRANDE FC(’15〜’17)

桑田直徹
経歴:大宮アルディージャY〜東洋大学
指導歴:GRANDE FC(’14〜’15) エレガンテFC(’16〜)
ドラゴンズ柏JY(’18〜)狭山ヶ丘高校(’18〜)

 

〜要項〜
(日時)2018年5月27日(日)
(場所)フットサルポイントSALU川口
(対象)12〜15歳
(持ち物)ボール、トレシュー、飲料、参加費
(参加費)1500円
(免責事項)当クリニックで怪我等のアクシデントが起きた場合、応急処置に関しては責任を持って行います。それ以後の通院に関しては各自の責任によって対処して下さい。

参加申込はこちらから!!!!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/forms/Dt8DpXS2uCeaBZsw1
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

財産

先日、教え子の1人が企画してくださり(現・小学6年生〜中学3年生)までの20人以上の教え子が集まって、みんなでサッカーをしました!

グランドに立てば、年齢なんて関係なしに、サッカーゲームを勝負し合っていたので、3時間があっという間で物足りなかった、あと2時間は延長できましたね!

ゲームでは、下の世代が中学3年生を翻弄する瞬間や中学3年生が下の世代に違いを魅せる瞬間、どの瞬間にも価値や刺激が生まれていて、簡単に言葉にしたくないけれど、フットボールって本当に素晴らしい。

ただ、それ以上に最高の幸せを感じたのは、教え子達がひとりの人間として温かく大きく成長している姿。

そこに幸せを感じることができたのは、喜怒哀楽を共に感じ合った時間があったからなのかなと。

f:id:elegante-fc:20180320231751j:image

このブログを通じて伝えることでもないのかもしれないけど、伝えたくて書いてしまっている。

f:id:elegante-fc:20180320231658j:image

みんなにありがとう、みんなに期待している!

これからもずっと、可能性のない人はいないから!

 

桑田