エレガンテFC 日記

エレガンテフットボールクラブ

勝負へのこだわり

こんばんは!
エレガンテFCコーチの岡部です。 


まだまだエレガンテFCは始まったばかりですが、いつも子供たちから良い刺激を受け充実した日々を送っています!
今回は第一回目ということで2月4・5日のトレーニングの様子を、自分なりに感じたことを書きました。第一回のブログを任された重圧と緊張で少々堅苦しくなってしまいましたが、最後までご覧頂けると幸いです。

 f:id:elegante-fc:20170206202257j:imagef:id:elegante-fc:20170206201730j:image

まずはウォーミングアップからトレーニングはスタートします。
バランスボールなどを使い、遊び感覚で体を動かしていきます。
大事なことは遊び感覚の中で自分の体のスムーズな動かし方、怪我をしない為の体作りをすることです。 

f:id:elegante-fc:20170206201811j:image

次に行うのはボールコーディネーション。
ボールを上手に扱うのはもちろん、体をスムーズに自然に動かせるようにする為のトレーニングです。用意されたコーン・マーカー等のドリルを各指定の方法でドリブルやリフティングをしていきます。
選手たち自らのアイディアで行うドリルもあり、いつも「そうくるか!」と驚かされます。
子供たちには、自分の体の一部としてボールを扱える選手になっていって欲しいです。

f:id:elegante-fc:20170206202117j:image

次に行ったのは「1対1」
ゴール前でのディフェンダーとの勝負。
ディフェンダーの位置は様々。ルールは単純。
オフェンスはゴールを決めること。
ディフェンダーはゴールを決めさせないこと。

f:id:elegante-fc:20170206201859j:image

エレガンテFCとしては勝負へのこだわりを大切にしています。

ディフェンダーを抜いた後は、前回の練習で行った「蹴る(キック)」、「ゴールを決める」ということに繋がっていきます。

選手たちはそれぞれ自発的に勝負へのこだわり見せてくれて、とても良いトレーニングとなりました。

 

最後の締めくくりはミニゲーム
ただ楽しいだけではなく、いつものトレーニングでやっていることをチャレンジしていくのが実践形式のミニゲームの醍醐味だと考えています。皆それぞれチャレンジしようとする意識を感じました。
皆が大好きなミニゲームで生き生きとしたプレー、笑顔を見れただけで大変満足でした。


最後に、今回の「1対1」では勝負へのこだわりを意識し、非常に激しく意義のあるトレーニングになったと思います。
毎回子供たちと共に我々スタッフも気づきを与えてもらえてると実感しています。


普段ニコニコしている子供たちも「1対1」で負け、トレーニング中に涙を流すシーンもありました。
フットボールをする以上、負けて悔しいと思うのは当たり前。
泣くことは悪いことではありません。
むしろ、それだけ悔しいと思うほど、全力でトレーニングに取り組んでいる証しです。
素晴らしいことです!
だが、泣くだけでは上手くはなりません。勝てません。
その涙を糧に、選手として、人間として強くなり、ひと回りふた回り成長していくことが大事なことだと思います。


こうしたひとつひとつの積み重ねが、「なりたい自分」になる為の自分磨きなのだと信じています。


エレガンテFC 岡部佑允